弁護士へ相談してトラブル解決|相続や刑事事件の問題を円満解消!

六法全書

名義の変更

指を指す女性

人が亡くなった場合、遺族はその本人が所有していた遺産を相続することができます。亡くなった人の名義を変える相続登記をすることで、不動産などの資産を受け取ることができるのです。司法書士に相談することで、問題なく行えます。

Read More

遺言書の利点

遺言を書く

遺言書を作成することのメリットとして、相続人同士が争うことを防げる事が挙げられます。遺言書を残しておくことで、遺産をきちんと受け取らせたい人に渡せるため、遺産分割協議も不要となります。

Read More

より効果的な遺言

Hair care

公正証書遺言を残すことで、公証人へ口頭による遺言書作成が行えます。作った遺言書が無効になることもないため、公正遺言書を残すことで、家族や兄弟間の争いを防止することができるでしょう。

Read More

減税をする方法

困ったらここ!過払い金を千葉で相談したいならこちらがおすすめですよ。わからないことも丁寧に説明してくれますよ。

費用を少しでも抑えたいと考えているなら相続を千葉で行なっている業者に問い合わせを行なってみるといいでしょう。

相続の対策の現在の取り組み

考える男性

増税に対しては、みんなが平等にされるので、仕方がない事になります。しかし減税に対しては、自身のケースに当てはめて対策をする事で、今後相続税を考えるにあたって非常に大事なポイントになります。例えば自身の土地が3600万円ある場合に、資産総額6000万と子供が2人がいた時には、相続はいくらかかるのかですが、改正前はかからなかったのですが、相続税改正後の平成27年以降は、かかってくると言うことで、約180万の税金がかかってきます。ここで、現在の取り組みとして、長男に遺言で、その家に住むことを明確に意思を伝えておく事で小規模宅地の特例が受けれる事になります。3600万の土地が8割の評価が引き下げてもらえるので、720万円という評価でみてもらえる事になります。なので180万円かかっていた税金は0円になります。

税金の対策に必要とするサービス

自身の土地や、家を息子や娘に相続をした場合にかかる税金は、相続税の改正後、今までかかってこなかった人に対しても、かかるようになります。例えば息子に家を相続した場合、その家の評価額が3600万円だったら、明確に意思を遺言等で示しておけば、小規模宅地として扱われる事により、税金の減税が行えます。もしも息子が、その家に住まない場合は、貸し付ける事により収益物件になります。その時に、息子自身も元気な内に、貸し付けている物件を明確な意思として相続をしておく事によって、小規模宅地の特例が受けれる事になります。貸し付けている土地の評価も下げる事ができ、6割ぐらいの評価が下がります。3600万ですと1300万の評価になり、これに対しての税金も0円ということになります。相続に関しては、どんどんと変化がおこってきています。これをお手伝いする専門のサービスを行っている、行政書士や司法書士、弁護士などの法律に詳しい方々に相談する事で、利用する事が出来ます。

専門がアドバイスをしっかりと行なってくれます。港区で税理士を利用したいと考えているならここがいいでしょう。

無料相談可能な弁護士が川崎居ますので、不安やお困りごとがある方はぜひコチラのサイトをご覧ください。役立つ情報も満載ですよ。

Related Links